いつも元気をありがとう。

ここでは気を遣わず意識せず、感じたコトを正直に書いて生き(行き)たいです。
ポジティブ、ネガティブ ありのままに!
柴犬 小町6才♀と、雑種猫 大河2才♂も どうぞよろしくお願いします♪

軽度認知症ですが、何か。

今日は施設にいる母に会いに行きました。

車で高速を使って1時間程の場所にある

介護老人保健施設です。


到着すると 母はちょうどお風呂から上がってきたところでした。

脱衣場ではなく 風が通る廊下にドライヤーコーナーが用意されているのは 気が利いてる!

と思います。

スタッフさんに手を引かれ その椅子に腰掛けたところで、

『ママ、こんにちは!』と声を掛けると、

『あら~随分久し振りだこと!半年ぶりくらい?』って。

…オイオイ!先週も来てるんですけど!

(心の叫び)

ほぼ 週1で来てるんですけど~。


まぁ、認知症ですからね~。f(^_^;)

ようやく 母のペースに合わせた会話が出来るようになってきました。


何言ってるの!

だから、さっきも言ったじゃない!

…ってね。

認知症とわかるまでは、毎日毎日 母の発言にイライラしてばかりでした(>_<)

あの頃は仕事がキツく、全く気持ちの余裕がありませんでした。

…仕事のせいなんて、言い訳になりませんよね!

でも本当に、あの頃は 思い遣りのないキツい対応ばかりで可哀想だったと思います。



今日は 冷した水羊羹を保冷バックに入れて持っていきました。

飲み物は自販機で買います。

母はコーヒーが大好きですが、

施設では麦茶や番茶ばかりの様で。

私が来た時はいつも即座に『コーヒーが飲みたいわ!』と言います。

例え おやつが コーヒーゼリーでも f(^_^;)


ちなみに、今日の水羊羹にコーヒーの組合わせ。

私はけっこうイケると思っています(*^.^*)



母『猫ちゃん達は元気にしてるの?』

私『うん、写真見る?』と、スマホを見せます。



撮りだめている 小町と大河の写メ。

さんざん見せたところで、

私『また新しく撮ったら 見せるからね~』とスマホをバックにしまい、別の話題へ…。

…と思ったら。


母『ところで、わんちゃんは元気?』


(丿 ̄ο ̄)丿


私『写真あるけど見る?(^o^;)』

母『見せて! …あら、猫も飼ってるの?』

私『可愛いでしょ~ はははっ(^o^;)』


こうなったら…


コレ、何回 繰り返すのか?!


今度 心身共にユトリがありましたら、

実験してみたいと思いますヽ(^o^;)ノ