いつも元気をありがとう。

ここでは気を遣わず意識せず、感じたコトを正直に書いて生き(行き)たいです。
ポジティブ、ネガティブ ありのままに!
柴犬 小町6才♀と、雑種猫 大河2才♂も どうぞよろしくお願いします♪

もう、鰻しか ないな!


本日の加須市、しとしと雨模様。

当然、朝の散歩は中止です。


しかし、昨晩の散歩では、

オシッコをいたしませんでした…。

よって、もうかれこれ30時間も排尿していない。


天気に関わらず、

実はこのパターン

これまで何度かありました。


この1週間、体調不良で起き上がるのがやっとでしたので、

散歩は夫にまかせきりでした。

でも昨夜は 夫が珍しく疲れた様子で帰って来ましたから、今夜は頑張って私が行こうと


『大丈夫よ、ちゃちゃっと済ましてすぐ帰るから!』なんてわざとらしいセリフを残し、

フラフラ クラクラしながらも 力を振り絞り やっとこさ~で外に出て行きました。


ところが 小町が全然 歩かない。



既に、ドア出るところから怪しかった。

これ、決して具合が悪いのではなく、

明らかに私に反抗しているのです。


気難しい小町の性格の現れで、以前から 私が〝連れてってやってる〟感じを出したり、のそのそやってるのを急かしたりすると、バタンッと地面にへたり動こうとしなくなるのです。

こちらの体力がある時なら、全然 どんなワガママも構わない。

だけど、昨夜は本当にキツい中で力振り絞って行ったの…!

オシッコさしてやらなきゃ可哀想、

病気になっちゃ大変だから、

心配だから…。


でも、13㎏、全く動かない。


今は 持ち上げる事も厳しいのよ…。


なんで!?

なんで いい子で歩いてくれないの?!


…そのまま10分くらい過ぎました。


それで、


…泣きました。


はい、そんな事で泣きました!

以前 脱毛で悲しくて泣いて以来です!!



夜なのに、

帽子を目深にかぶったおばさんが、

足元に動かない犬を見ながら、

おいおい泣きましたよ~!!!


ホラーですよ (T_T)


ツイートされてたらどうしよう…。



それで、

土用の丑、もうすぐだから。

来週、いつもの店に 食べに行きます。

食べて元気出します!

そこの鰻が一番!って店です、今のところは…。

鰻屋さん、これまで、たかが20軒くらいしか

行ってないですがー。

そこのが最高!

あぁ、楽しみです(’-’*)♪



食欲が有る という事、

本当に有り難く 幸せな事だと思います。

ですが、

やはり小町さんには、すんなりトイレをして頂きたい。


小町もカユカユ悪化でエリザベサー。

大河、へんてこなのくっ付けてる小町をからかって、楽しそうです(^o^;)

アタシ達、ダルいの…。


小町さん、

おトイレ 室内では いたしません。

…のくせして、

雨の中 外出 絶対いたしません。(-_-;)


〝トイレ問題〟この季節は特に深刻です。


うちで出来る様にトレーニングをしたいと思うのですが、横になってばかりで実行に移せない弱々な飼い主。(*_*;

小さい頃は『ワンツー♪』の掛け声で、

室内でも出来ていたのにね…。



私の体調と 雨上がりのタイミングが合ったら

早速『行くよーっ!』

小町さん、面倒臭そうね~。

リードをカチッと付けると ようやく

お散歩スイッチが入る。

小町さんの 重いおケツをピンピン!



誰もいないね…。


しかし、この蒸し暑さ、マジっすか(×_×;)



まだ、5分位しか歩いてないよ~。

でも、すること済ませたしね、

今日のところは 引き上げますか~。

いやはや、私もちょっと…ダルいわ…

いや、小町さんよりアタシのがダルいと思うわ(~_~;)


帰ろ~ 涼しいお部屋に~帰ろ~♪

出すモノ出したら さぁ帰ろ~♪

(オリジナル曲、帰ろ~version)



あぁ、やっぱ極楽~ だねf(^_^;)

お疲れさん。

軽度認知症ですが、何か。

今日は施設にいる母に会いに行きました。

車で高速を使って1時間程の場所にある

介護老人保健施設です。


到着すると 母はちょうどお風呂から上がってきたところでした。

脱衣場ではなく 風が通る廊下にドライヤーコーナーが用意されているのは 気が利いてる!

と思います。

スタッフさんに手を引かれ その椅子に腰掛けたところで、

『ママ、こんにちは!』と声を掛けると、

『あら~随分久し振りだこと!半年ぶりくらい?』って。

…オイオイ!先週も来てるんですけど!

(心の叫び)

ほぼ 週1で来てるんですけど~。


まぁ、認知症ですからね~。f(^_^;)

ようやく 母のペースに合わせた会話が出来るようになってきました。


何言ってるの!

だから、さっきも言ったじゃない!

…ってね。

認知症とわかるまでは、毎日毎日 母の発言にイライラしてばかりでした(>_<)

あの頃は仕事がキツく、全く気持ちの余裕がありませんでした。

…仕事のせいなんて、言い訳になりませんよね!

でも本当に、あの頃は 思い遣りのないキツい対応ばかりで可哀想だったと思います。



今日は 冷した水羊羹を保冷バックに入れて持っていきました。

飲み物は自販機で買います。

母はコーヒーが大好きですが、

施設では麦茶や番茶ばかりの様で。

私が来た時はいつも即座に『コーヒーが飲みたいわ!』と言います。

例え おやつが コーヒーゼリーでも f(^_^;)


ちなみに、今日の水羊羹にコーヒーの組合わせ。

私はけっこうイケると思っています(*^.^*)



母『猫ちゃん達は元気にしてるの?』

私『うん、写真見る?』と、スマホを見せます。



撮りだめている 小町と大河の写メ。

さんざん見せたところで、

私『また新しく撮ったら 見せるからね~』とスマホをバックにしまい、別の話題へ…。

…と思ったら。


母『ところで、わんちゃんは元気?』


(丿 ̄ο ̄)丿


私『写真あるけど見る?(^o^;)』

母『見せて! …あら、猫も飼ってるの?』

私『可愛いでしょ~ はははっ(^o^;)』


こうなったら…


コレ、何回 繰り返すのか?!


今度 心身共にユトリがありましたら、

実験してみたいと思いますヽ(^o^;)ノ